草花たちの静かな誓い/宮本輝/を読んだ感想

俯瞰で見たペチュニアの白い花

2016年12月10日発行
草花たちの静かな誓い/宮本輝/集英社

草花たちの静かな誓い [ 宮本 輝 ]
楽天ブックス
¥ 1,870(2020/11/21 17:04時点)

あらすじ

ロサンゼルス在住の叔母の、突然の訃報。
甥の弦矢が駆けつけると、27年前に死んだはずの叔母の一人娘が、実は死んだのではなく、当時からずっと行方不明なのだと知らされる。
なぜ菊枝はそのことを長らく黙っていたのか。
娘はいまどこにいるのか。
弦矢は謎を追い始める――。

アメリカが舞台でアメリカ人がたくさん出てくるので、、特に女性。
名前を覚えるのが大変でした、中でも法律事務所系の人の名前が本当に覚えられなくて、「これ誰だっけ」と思いながらページを戻る事はや34回…前半は集中力が何度も途切れそうになってしまいました。

しかしたくさんの謎が解けていく部分はワクワクしながらどんどん読み進められます。
最後の一文を読んだ後、泣きました。

感想/ネタバレあり

最初はなかなか入り込めなかったのですが、中盤レイラが生きているのを匂わせてきたあたりからミステリー風になり、だんだん引き込まれていきました。
でも登場人物紹介のレイラの所に「6歳の時に行方不明になる」と書いてあったので、これは生きてますわと読めました。しかも母親がわざと行方不明にさせたのも結構初期からわかりました。主人公が天然すぎて気付いてないのがじれったかった…。

海外が舞台の話は好きなのでワクワクしながら読みました。アメリカの暮らしを感じられるのが楽しい。
おいしそうなスープやTボーンステーキ、綺麗なお庭、超広い豪邸、豊かな財産……ハイレベルな人の生活は興味をそそりますね。
そういう部分でも楽しめました。

主人公の料理の手際が悪すぎるのがイライラしました。ステーキ焼き終わってからサラダ作るな。笑
しかもメインの料理完成してからサラダ作ろうとする描写2回くらいあったからね。
ステーキの肉解凍するのに1時間かかるからなとか書いてあったり、私だったら待てない
めちゃくちゃそこが記憶に残りました。笑

作者の宮本輝さんについて詳しくないのですが、海外での生活の経験があるんでしょうか?
詳しく書かれてて、そうなのかな? と思いました。
以前、三十光年の星たちという本を読んだ時も、ドイツだったかどこっだったか忘れたけどなんか詳しく書いてあったような気がする、すごいですね。

謎少しずつ分かっていくのが興味深くて、ずっと気持ちはその謎に向いてたのですが、最後の一文を読んでからしばらくしてめちゃくちゃ泣けてきました。
何故かそのときやっとキクエの気持ちを思って涙が溢れてきました。なんでだろう。
所々に母が娘を強く想う気持ちが散りばめられていて、自分はそのことに気付いていたんだけど、本を閉じるまで感動はしなかったんです。なぜかわからんけど読み終わって本を閉じた後泣きました。
悲しすぎる。娘が今幸せだったから良かったねって思えない。でも、後味は悪いとは思いませんでした。
母親って、子どもの幸せを一番に考えるものなんだなって、一般的な考えだと思うんですが、それがすごくじわじわと胸に来て、、キクエの気持ちを思うと確かにやるせないし悲しいんですが、それ以上に彼女の娘に対する愛情が本当に美しく見えて、感動してしまいました。
自分も子供を持つ前だったらまた違う感想を持っていたのかな。

キクエがキョウコに「レイラを憎み始めるかもしれないって気がしてきたの」って言ったのは、嘘なんじゃないかなって思ってます。
そんな風に言ってキョウコに危機感を抱かせて、レイラを引き取らなきゃって気持ちにさせるための。

離婚しても父親に親権を取られるっていうのを書きたかったから、舞台をアメリカにしたんですよね?
ということはメインはこの親子の話だから、主人公は実質キクエですね。
日本だとこの話は成り立たないですもんね。そう考えると小説家の人ってすごいですよね。。プロット練り練りですね。

というかレイラの住民票的なものってどうしたんでしょう。
住民票というシステムがアメリカにあるのかしりませんが……

レイラが行方不明になったあともずっと夫婦関係を続けていたのは、夫を見張る為?
あわよくば夫が先に死んだら遺産をレイラに贈与するためとか。
帰る所がないってのもあったのかもしれませんが、自分的には見張るのが目的だったんじゃないかとも思えます。まあでも自分だけ逃げるわけにもいかないよね。逃げるってわけじゃないけどさ。
辛いですね。直接的ではないにしろ最愛の娘を奪った本人と、何事もなかったかのように過ごさなくちゃならないのは。
終盤まで読んだらタイトル回収ー! この題名は神ですね。

草花たちの静かな誓い [ 宮本 輝 ]
楽天ブックス
¥ 1,870(2020/11/21 17:04時点)

私もこんなお母さんになりたいです( ᵕ_ᵕ̩̩ )

それではごきげんよう

コメント